紀陽銀行カードローンプラス

キャッシングゼミナール~お金を借りるならカードローンがお薦め!~

紀陽銀行カードローンプラスはキャッシュカードで借入・返済ができる

紀陽銀行は、和歌山県和歌山市に本店を置く地方銀行として運営されています。

今回は紀陽銀行から発売されている「紀陽銀行カードローンプラス」に関して紹介します。


紀陽銀行の公式サイト


紀陽銀行カードローンプラスの評価。審査・融資スピード:3、金利:4、利用限度額:5、申し込み手続き:4、借入・返済方法:5、知名度4"/
【おすすめできるタイプ】
  • 日頃から紀陽銀行を利用している方
  • 近所に紀陽銀行ATMがある方
  • 専用のローンカードを持ち歩きたくない方






紀陽銀行カードローンプラスの特徴


  • WEB完結で来店不要で申し込みができる
紀陽銀行カードローンプラスのWEB完結

紀陽銀行カードローンプラスを申し込む場合はインターネット申し込みがおすすめです。

WEB完結が可能(借入金額300万円以下まで)になっているので、来店不要で自宅に居ながら申し込み手続きを全て済ませることができます。

但しWEB完結を利用する場合は、申込時に紀陽銀行のキャッシュカードと運転免許証などの本人確認資料が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

紀陽銀行の普通預金口座のキャッシュカードを所有していない場合はWEB契約は利用できません。

来店して普通預金口座を開設するなどの手続きを行う必要があります。

WEB契約画面に移行すると下記のような文言が表示され、紀陽銀行の普通預金口座のキャッシュカードを所有しているかどうかの確認が行われます。


紀陽銀行カードローンプラスの利用条件。紀陽銀行の普通預金口座(総合口座に限る)とキャッシュカードを持っている
※WEB申込みを利用する場合は連絡用のE-mailアドレスの登録が必要となります。



  • キャッシュカードでキャッシング
紀陽銀行カードローンプラスはキャッシュカード一体型カード

キャッシュカードと一体になっている点が大きな特徴です。紀陽銀行のキャッシュカードを利用して、借入や返済手続きを実施することができます。

1枚のキャッシュカードで2つの機能を同時に利用することができます。そのため、カードローンを利用していることを周りに気付かれる心配がありません。

従来は2つのカードを所有しなければいけませんでした。

この紀陽銀行カードローンプラスなら1枚のカードにまとめられるので、財布が嵩張らずになる点もメリットだと言えますね。



  • 利用限度額が最高800万円
利用限度額は10万円~800万円となっています。

金利は利用限度額に応じて、3.8%~14.9%(年率)の範囲内で設定されます。(※利用限度額は申し込み内容を基に審査によって決定します)

他行のカードローン商品の金利と比較しても平均的な水準だと言えます。

借入限度額 融資利率
10万円・30万円・50万円 年14.9%
70万円・100万円 年11.8%
150万円・200万円 年9.8%
250万円・300万円 年7.8%
350万円・400万円 年6.8%
450万円・500万円 年5.8%
600万円・700万円 年4.8%
800万円 年3.8%


  • パートやアルバイトも申し込み可能

紀陽銀行カードローンプラスでは、パートやアルバイト、専業主婦の方々でも申し込むことができます。

その他にも自営業者の方や年金収入で暮らしている方でも申し込み可能です。

但しこれらに該当する方々の利用限度額は30万円が上限となります。


  • 自動融資にも対応

紀陽銀行カードローンプラスは自動融資を利用することもできます。

携帯電話料金や公共料金の支払いなどで口座残高が不足した場合でも、不足金額分を自動で融資してくれます。

そのため、支払期日を過ぎていることを知って慌てる心配がなくなります。


紀陽銀行



申込み手続きは2種類あります


紀陽銀行カードローンプラスの申込み方法は、WEB契約と店頭契約の2種類が用意されています。

WEB契約は紀陽銀行のキャッシュカードを所有している場合のみに利用できます。

WEB契約

紀陽銀行カードローンのWEB契約。申込時にキャッシュカードと運転免許証の本人確認資料が必要となります。手元に準備しておいて下さい。

1)申し込み方法
PCやスマホを利用して、紀陽銀行カードローンの申込みページから手続きを進めて下さい。

登録したメールアドレスに申込みページのURLを掲載したメールが届きます。

そのURLにアクセスをして必要事項を入力して、本人確認資料を提出します。

また、借入極度額が100万円を超える場合は所得証明書の提出も求められます。

所得証明書とは、給与支払明細書や源泉徴収票、課税証明書などのことです。

あなたが会社勤めをしている場合は給与支払明細書や源泉徴収票を用意することになります。


2)申込み確認の連絡
紀陽銀行からあなたの自宅、もしくは勤務先に申込み内容の確認の連絡があります。


3)仮審査
申込時に入力した情報に基づいて仮審査が実施されます。

申し込み内容を基に、紀陽銀行及び阪和信用保証、またはオリエントコーポレーションによって審査が実施されます。

仮審査の結果は担当者から電話で連絡があります。


4)正式契約手続き
仮審査を通過した後、インターネット上で正式契約の手続きが実施できます。

キャッシュカードの暗証番号を利用した本人確認が行われます。

所定の手続きにおいて不備がないことが確認されれば、契約完了となります。



店頭契約

紀陽銀行の預金口座を持っていない場合は店頭契約による申込みとなります。

1)申し込み方法
電話、FAX、インターネット、店舗窓口から申し込むことができます。申し込み確認後、勤務先または自宅へ内容確認の電話がされます。


2)申込み確認の連絡
紀陽銀行からあなたの自宅、もしくは勤務先に申込み内容の確認の連絡があります。


3)仮審査
申込時に入力した情報に基づいて仮審査が実施されます。

申し込み内容を基に、紀陽銀行及び阪和信用保証、またはオリエントコーポレーションによって審査が実施されます。

仮審査の結果は担当者から電話で連絡があります。


4)正式契約手続き
紀陽銀行に来店して正式契約手続きを行います。その際に口座開設手続きも同時に行います。

契約時には必要書類が必要になるので、事前に準備をしてから来店するようにして下さい。

正式契約の手続きで必要な書類は下記のとおりです。


【契約時に必要な書類】
・本人確認資料(運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか) 
・借入極度額が100万円を超える場合は所得証明資料



即日融資には対応していません

紀陽銀行カードローンプラスは即日融資には対応していません。

申し込み審査は審査状況などによって異なりますが、早ければ翌々営業日に審査結果を報告してもらえます。

また、遅くても3日後には検査結果を教えてもらえるケースが大半です。

急ぎでお金を借りたい場合は、即日融資に対応している信販会社カードローンや大手の消費者金融カードローンがおすすめです。

下記のページでは即日融資に対応しているカードローンをランキング形式で紹介しているので参考にして下さい。

⇒ おすすめの即日融資カードローン




申込み審査の基準は平均的です

紀陽銀行カードローンプラスの申込みを検討する際に気になるのが審査を通過するかどうかです。

審査基準は他行の銀行カードローンと同じ程度のレベル(厳しさ)です。

また正社員だけでなく、パートタイマーやアルバイト、自営業、年金受給者でも申し込むことができるので、そこまで厳しくはないと推測できます。

年収の金額というよりも、安定して収入を得ているかどうかが審査の判断基準となっています。



3秒診断を利用しよう

紀陽銀行カードローンプラスの3秒診断

審査を通過できるか心配な場合は、公式サイト内に設置されている『3秒診断』を利用しましょう。

年齢と年収、他社の借入状況を入力するだけで、審査を通過できるかどうかを診断してくれます。

診断の結果は下記のように表示されます。

3秒診断の結果。借入可能と思われます。この診断は目安であり、確約できるものではありません。実際の審査結果とは異なる場合もありますのでご了承下さい。

この3秒診断はあくまで目安で、審査結果を保証するものではないですが、審査基準をチェックするには有効な方法です。

試しに年収が100万円・他社借入状況が3件で入力してみると、『お借入れ可能と思われます』という診断結果が出ました。




借入方法


所有している紀陽銀行のキャッシュカードを利用して借入が可能となります。

紀陽銀行ATMや提携金融機関のATM、ローソン、セブンイレブンのATM・CDからお金を借りることができます。


紀陽銀行ATM


利用手数料
曜日 7時~8時45分 8時45分~18時 18時~21時
平日 108円 無料 108円
土・日・祝 108円

紀陽銀行ATMを利用できる時間帯は7時~21時までです。


1日あたりの利用限度額
磁気ストライプによる取引 50万円
ICチップによる取引 200万円



コンビニATM

ローソンATM、イーネットATM、セブン銀行ATMが利用できます。

利用手数料
曜日 7時~8時45分 8時45分~18時 18時~23時
平日 216円 108円 216円

平日の利用できる時間帯は7時~23時までです。


曜日 9時~20時
土・日・祝 108円

土・日・祝の利用できる時間帯は9時~20時までです。


1日あたりの利用限度額
コンビニ名 1日あたりの限度額 1取引あたりの限度額
ローソンATM・イーネットATM 30万円 20万円
セブンATM 30万円 30万円


1日あたりの引出し限度額はどのATMも30万円以内ですが、1回あたりの引出し限度額は各ATMによって異なります。

ローソンATMとイーネットATMは1取引20万円以内、セブン銀行ATMは1取引30万円以内に設定されています。


ATM



返済方法


紀陽銀行カードローンプラスでは、約定返済と随時返済が用意されています。

約定返済
返済方式は借入残高スライド返済方式が適用されています。

毎月5日が返済日となっていて、返済指定預金口座から前月の定例返済日時点の借入残高に応じて、決められた金額を自動で引き落とされます。

前月の定例返済日の利用残高 毎月の返済額
10万円以下 2,000円
10万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円


随時返済
毎月に約定返済以外にも随時返済が利用できます。あなたの都合がよい時に任意の金額をATMなどから返済することが可能です。

返済


積極的に随時返済を利用しよう

約定返済は毎月の返済日に自動的に口座から引き落とされるので非常に便利なのですが、一つ注意したい点があります。

それは毎月支払わなければいけない返済金額の低さです。

10万円以下の借入をした(10万円以下まで残金が減る)場合は、約定返済では毎月2,000円の返済となります。

一見すると、毎月の返済が減少するので、負担が軽くてお得な気がしますが注意が必要です。

なぜなら毎月に返済額が少ない場合はなかなか借入金額が減らず、利息が増えていくためです。

ここであなたに理解してもらうために、10万円を借りた際に、金利14.9%で毎月2,000円ずつ返済した場合のシミュレーション結果を下記に紹介します。


借入金額 10万円
実質年率 14.9%
毎月の返済額 2,000円
返済回数 79回
返済総額 157,119円


返済回数は79回、そして返済総額が157,119円にもなります。

10万円しか借りていないのに、トータルの利息が57,119円にもなり、元金の半分以上の利息を支払わなければいけないのです。


そのため、利息の負担を軽くしたいのであれば、随時返済を積極的に活用して、早期に完済してしまうことをおすすめします。




口コミ・体験談


実際に紀陽銀行カードローンプラスを利用している方々の口コミ・体験談を紹介します。


 
キャッシュカードを使って借入ができるのが嬉しいですね!財布に入れていても、周りの人達からカードローンを利用しているのが気付かれないです^^


 
フリーターとして働いていますが、紀陽銀行のカードローンプラスを利用することができました。10万円の利用限度額となりましたが、給料日前などで使わせてもらっています!




紀陽銀行カードローンプラスをおすすめできる方


ここまで解説してきた内容をまとめると、紀陽銀行カードローンプラスをおすすめできるのは下記のような方々です。

  • 日頃から紀陽銀行を利用している方

  • 近くに紀陽銀行ATMがある方

  • 専用のローンカードを持ち歩きたくない方


日頃から紀陽銀行を利用している方

紀陽銀行カードローンプラスは、やはり日頃から紀陽銀行を利用している方に使ってもらいたいカードローン商品です。

紀陽銀行のキャッシュカードを所有している場合はWEB契約が可能で、申し込み手続きからカード発行までPCやスマホを使って済ませることができます。

来店する必要もないので、毎日仕事で忙しい場合でも無理なく手続きが進められます。

その一方で、紀陽銀行を日頃から利用していない場合は、他のカードローンの申込みを検討しましょう。

紀陽銀行カードローンプラスのスペックは平均的で、無理に紀陽銀行カードローンプラスを申し込むメリットはほとんどありません。



近くに紀陽銀行ATMがある方

あなたの自宅や勤務先の近くに紀陽銀行ATMがある場合もおすすめです。

ローソンやファミリーマート、セブンイレブンなどに設置されているATMからも借入ができますが、紀陽銀行ATMを利用する方が手数料が安く済むためです。

紀陽銀行ATMなら、平日の8時45分~18時までの時間帯は手数料無料で借入ができます。

コンビニATMの場合は時間帯によって108円、もしくは216円の手数料がかかります。

もちろんカードローンを利用する機会が少ない場合はそれほど気にする必要はありません。

しかし頻繁に利用する予定の場合は、手数料が無料になる紀陽銀行ATMが近くにあるかどうかも大切なポイントとなります。



専用のローンカードを持ち歩きたくない方

紀陽銀行カードローンプラスはキャッシュカードと一体型になっているので、専用のローンカードは発行されません。

預金口座のキャッシュカードを利用して、借入をすることができます。

そのため、財布の中が嵩張らないだけでなく、友人や職場の仲間と一緒に食事をした際などで支払い時に財布を見られた場合でもカードローンを利用していることがバレません。




総合評価


紀陽銀行カードローンプラスの評価。審査・融資スピード:3、金利:4、利用限度額:5、申し込み手続き:4、借入・返済方法:5、知名度4

総合評価



紀陽銀行カードローンプラスは、紀陽銀行のキャッシュカードで借入や返済ができる利便性の高さや利用限度額が最高800万円に設定されている点が多くの支持を集めました。





商品スペック


申し込み対象者 ・20歳以上65歳未満の方
・紀陽銀行の営業エリア内に居住または勤務先がある方
・安定した収入がある方(パート、アルバイト、専業主婦も可能)
・他に紀陽銀行の無担保カードローンを利用していない方
・保証会社の保証を受けることができる方
資金使途  自由(事業性資金は除く)
利用限度額  10万円~800万円
金利  3.8%~14.9%(年率)
返済方式  借入残高スライド返済方式
契約期間  1年(原則、自動更新)
担保・保証人  不要
保証会社  阪和信用保証株式会社、株式会社オリエントコーポレーション




お薦めカードローン

当サイト「キャッシングゼミナール」経由で申込件数が多い順にランキング形式で紹介しています。

「カードローンを申し込みたいけど、どの商品がよいのか迷ってしまう・・・」という方は下記のランキングを参考にして、申込を検討してみてください^^


みずほ銀行カードローン
みずほ銀行 評価

大手銀行で安心!来店・郵送不要のWEB完結申込が便利です

みずほ銀行はメガバンクなので、安心して借入をしたい方におすすめです。コンビニATMの利用手数料は月4回までなら無料で利用できて非常に便利です。金利に関しても年2.0%~14.0%という低金利で借入ができます。(※住宅ローンの利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)

三井住友カード「ゴールドローン」
三井住友カード「ゴールドローン」 評価

業界トップクラスの低金利+来店不要で借りられる便利なカードローン

金利が年率3.5%~9.2%と非常にお得に利用できるカードローンです。来店不要で手続きができるだけでなく、借入希望枠が50万円以内なら収入証明書の提出不要になるなど、使い勝手の良いカードローンとして人気です。

SMBCモビット

SMBCモビット 評価

電話連絡なし!郵送物なし!誰にも知られずに手続きが完結

WEB完結を利用することで電話連絡なし・郵送物なしで誰にも知られずに手続きを済ませることができます。WEB完結なら勤務先への電話連絡がないので、職場であなたがカードローンの申込みをしたことがバレる心配はありません。








複数のローンを一つにまとめたいと考えているなら、東京スター銀行「おまとめローン」がお薦めです!

<< 詳細はこちら


 

銀行系カードローン

この記事に関連する記事一覧