DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ

キャッシングゼミナール~お金を借りるならカードローンがお薦め!~

大日本印刷が「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」の提供スタート

2015年9月14日、大日本印刷(略称:DNP)は銀行口座開設とカードローンの申し込みをスマホで簡単に実施できる「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」の提供を9月11日から開始したというニュースが届きました。



大日本印刷
(大日本印刷の公式サイト)






以前から提供していたアプリのバージョンアップ版


大日本印刷は去年の2月から、運転免許証等の本人確認用の画像データと申し込みデータをスマホから送信するだけで銀行口座開設の申込ができるアプリを提供していました。

また、2015年3月には、銀行口座の開設に必要な基本機能を共通化することによって、短期間・低コストでの導入を実現したDNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリの提供を開始しました。

今回提供を開始するアプリは、以前から提供していたアプリにカードローン申込機能を追加しているバージョンアップ版という位置づけとなっています。





「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」の特徴


運転免許証等の本人確認用の画像データと氏名や住所などの申し込みデータをスマホから送信するだけで、簡単に口座開設の申し込み手続きが実施できるという特徴があります。

気になる安全性に関しては、SSL通信によって暗号化して送信されるため安心して利用することができます。

また、東芝が提供する「クラウド版免許証OCR(光学文字認識)」機能を採用していて、運転免許証の画像データから氏名や生年月日、住所を自動的に文字データ化することが可能になり、入力の手間や記入ミスが大幅に軽減します。



DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ
(DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリのイメージ図)





基本機能の共通化による低コスト・短期間での導入が実現


基本機能を共通化することで、個別に同様のアプリを開発する場合と比較して、低コスト・短期間での導入が可能となっているのも大きな特徴です。

その結果、スマートフォンのOSのバージョンアップ時に必要なアプリの動作検証などのコストにおいても大幅に低減させることができます。

さらには、各銀行のコーポレートカラーに合わせた画面色の変更できるのはもちろんですが、会社やサービスのロゴ、同意事項、注意書き、支店検索メニューなども仕様に応じてカスタマイズ設定することが可能となっていて、利用する銀行側にとっても利便性が高まるメリットがあります。





新たに口座を開設するのは面倒


銀行系カードローンの大半は上記のように、申し込み時に銀行口座を開設する必要があります。

以前からその銀行の口座を開設して利用している方には問題ないですが、新たに口座を開設するのは面倒ですよね・・・。

そのような際にこの「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」が大活躍すると思います。









お薦めカードローン

当サイト「キャッシングゼミナール」経由で申込件数が多い順にランキング形式で紹介しています。

「カードローンを申し込みたいけど、どの商品がよいのか迷ってしまう・・・」という方は下記のランキングを参考にして、申込を検討してみてください^^


みずほ銀行カードローン
みずほ銀行 評価

大手銀行で安心!来店・郵送不要のWEB完結申込が便利です

みずほ銀行はメガバンクなので、安心して借入をしたい方におすすめです。コンビニATMの利用手数料は月4回までなら無料で利用できて非常に便利です。金利に関しても年2.0%~14.0%という低金利で借入ができます。

三井住友カード「ゴールドローン」
三井住友カード「ゴールドローン」 評価

業界トップクラスの低金利+来店不要で借りられる便利なカードローン

金利が年率3.5%~9.2%と非常にお得に利用できるカードローンです。来店不要で手続きができるだけでなく、借入希望枠が50万円以内なら収入証明書の提出不要になるなど、使い勝手の良いカードローンとして人気です。

SMBCモビット

SMBCモビット 評価

電話連絡なし!郵送物なし!誰にも知られずに手続きが完結

WEB完結を利用することで電話連絡なし・郵送物なしで誰にも知られずに手続きを済ませることができます。WEB完結なら勤務先への電話連絡がないので、職場であなたがカードローンの申込みをしたことがバレる心配はありません。








複数のローンを一つにまとめたいと考えているなら、東京スター銀行「おまとめローン」がお薦めです!

<< 詳細はこちら


 

お金のニュース・コラム

この記事に関連する記事一覧