カードローンとフリーローンの違い

キャッシングゼミナール~お金を借りるならカードローンがお薦め!~

教えて!カードローンとフリーローンの違いを解説

お金を借りようと思って、各ローン会社や銀行の公式サイトにアクセスすると、カードローンフリーローン、住宅ローン、目的別ローンなどの金融商品がラインナップされていることが多いです。

住宅ローンや目的別ローンはイメージした通りなので、すぐに理解ができると思いますが、「カードローンとフリーローンの違いって何だろう?」と疑問に感じる方は大勢います。



カードローンとフリーローン







どちらも資金使途は原則自由


カードローンとフリーローンは、どちらも資金使途が原則自由(事業性資金は除く)となっているローン商品です。

借りたお金は、基本的にどんな目的で利用したかということをカードローン会社に申告する必要がなく、自由に使うことができる特徴があります。

そのため、これらの2つの金融商品をごちゃまぜに混同している方もたくさんいます。



カードローンとフリーローン




カードローンとフリーローンの大きな違い


カードローンとフリーローンの大きな違いは、お金を追加で借りる際の手続きです。

カードローンの場合は、審査で承認された利用限度額の範囲内であれば、発行されたカードを利用して何度でもお金を借りることができます。

一方、フリーローンの場合は、審査で承認された利用限度額で借りることができますが、新たにお金を借りる際は、たとえ利用限度額の範囲内であっても、再度審査を受ける必要があります。

つまり、両者には「審査なしで追加融資が可能か否かの違いがある」ということです。




申し込み審査


申し込み審査に関しても両者に違いがあります。

カードローン

カードローンの申し込み審査ではその他のローン商品と同様に返済能力や信用力などが審査項目となっています。さらに現時点の他社ローンの借入残高なども審査項目に含まれています。

審査・融資スピードに関しては最短即日融資が可能な商品も数多く存在します。カードローンの中でも特に審査が早いのが消費者金融カードローンです。

アコムやプロミス、アイフルなどは最短30分の審査、最短1時間の融資が可能です。

<< 最短30分の審査、最短1時間の融資が可能なアコムで借りる



フリーローン

一方のフリーローンの場合もカードローンと同様の項目で審査が実施されるのですが、カードローンの申し込み審査には含まれていない使用目的の申告が必要になります。

申し込み時や融資を受けた後に使用する用途の見積書や実際に購入した領収書などを提出しなければいけないフリーローンも存在します。

審査・融資スピードにおいては、カードローン審査には必要の無い使用目的の申告が必要になるので、大体申し込みをしてから1週間程度の時間を要するケースが多いです。





家族に気付かれる可能性


ローンを利用する場合は極力誰にも気付かれたくないと思うものです。旅行資金などのために家族で利用する目的で申し込むのであれば問題はないですが、個人的に利用する場合は家族に内緒にしたいケースは多々あります。

では実際にカードローンとフリーローンはどちらが気付かれにくいのでしょうか?


カードローン

カードローンの場合は専用カードが発行されるため、自宅に郵送される際に家族に見つかってしまう恐れがあります。さらに毎月利用明細書が送られてくるので、その利用明細書でカードローンを利用していることがバレてしまうケースもあります。

但し、最近ではカードレスのカードローン商品や利用明細書をウェブ明細に切替えることも可能になっていて、家族などに気付かれ難い商品が増えてきています。

カードレスで利用できるカードローン商品としては、三井住友カード「ゴールドローン」やプロミス、SMBCモビットなどが挙げられます。

<< カードレスで利用可能な三井住友カード「ゴールドローン」で借りる


フリーローン

フリーローンの場合はカードが発行されないので安心です。契約書類などが送られてくることがありますが、大半のフリーローンは銀行のものなので、差出人は銀行名となります。

日頃から銀行から郵送物が届くことがある場合は気付かれませんが、いきなり銀行から郵送物が届くと家族の方が気になると思うので、何か理由を考えておくとよいですね。

例えば、「新しく口座を開設した」や「口座のパスワードを変更した」などの理由が無難だと思います。





金利面


金利に関してはカードローンとフリーローンではどちらが優遇されているのでしょうか?

ここでは三井住友銀行とイオン銀行の商品を参考にしてみましょう。

三井住友銀行カードローンの金利は年率4.0%~14.5%で設定されています。一方で三井住友銀行フリーローンの金利は一律年率4.975%で設定されています。


イオン銀行の場合はカードローンBIGの金利は年率3.8%~13.8%となっています。イオン銀行ネットフリーローンの金利は年率4.8%~13.5%で設定されています。


このように、同じ銀行で両方のローン商品が用意されている場合でも、各銀行によってカードローンとフリーローンの金利数値は異なります。

カードローンの方が金利が高い銀行がある一方で、フリーローンの方が金利が高い銀行も存在していて、どちらの方がお得だとは断言することはできません。





管理のしやすさ


カードローンとフリーローンでは管理のしやすさが大きく異なります。

フリーローンの場合は一度申し込みをした場合は追加で借入をすることができないので、借りたお金を返済計画に従って返済していくことになります。

一方で、カードローンの場合は利用限度額の範囲内なら何度でも借入ができるので、頻繁に利用する場合は借りた合計金額が分からなくなってしまう恐れがあります。

そういった意味ではフリーローンの方が管理はしやすいと言えます。

つまり、カードローンを利用する場合はどのくらい借入をしているのかをしっかりと把握しておく必要があります。

いつでも借りられると思って適当に管理をしていると予想以上に返済金額が多くなり、その金額を予定通り返済するのに苦労をすることにもなりかねません。





利用目的に応じて使い分けよう


カードローンとフリーローンのどちらを申し込むべきか迷っている場合は下記を参考にしてみてください。


カードローンが適している場合

カードローンは審査で決定した利用限度額の範囲内で何度でも借入ができる特徴があります。

例えば、給料日前に急に用事が入ってお金が必要になったり、旅行などのレジャーに行く際に少しお金が足りないとった場合に近くのATMなどから簡単にお金を借りることができます。

つまり、比較的少額のお金をこまめに借りたという目的で利用する場合に適しています。

そのため、カードローンを利用している方の多くは1回に付き1万円~10万円程度の借入をするケースが多いです。



フリーローンの利用が適している場合

フリーローンはまとまった金額を借りたいという際に便利な商品です。

例えば、車を購入する際などが該当します。新車の場合はマイカーローンを利用することができますが、中古車の場合にはマイカーローンを利用することはできません。

その他には高級家具や海外ブランドの高級腕時計など、100万円近い金額を工面したい場合に頼りなる金融商品です。





まとめ


上記のことを考慮すると、カードローンの方が使い勝手が良いということになります。

例えば、頻繁に少額の金額を借りたいという方やスピーディにお金を借りたいという方などには、フリーローンよりもカードローンの方が圧倒的に使いやすいです。

専用カードを利用して、銀行ATMやコンビニATMで利用限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることが可能です。

このように、カードローンは非常に使いやすい商品ですが、お金の借り過ぎには注意が必要です。事前に返済できる目処が立っているかどうかを確認してから、お金を借りるようにしましょう^^







お薦めカードローン

当サイト「キャッシングゼミナール」経由で申込件数が多い順にランキング形式で紹介しています。

「カードローンを申し込みたいけど、どの商品がよいのか迷ってしまう・・・」という方は下記のランキングを参考にして、申込を検討してみてください^^


みずほ銀行カードローン
みずほ銀行 評価

大手銀行で安心!来店・郵送不要のWEB完結申込が便利です

みずほ銀行はメガバンクなので、安心して借入をしたい方におすすめです。コンビニATMの利用手数料は月4回までなら無料で利用できて非常に便利です。金利に関しても年2.0%~14.0%という低金利で借入ができます。

三井住友カード「ゴールドローン」
三井住友カード「ゴールドローン」 評価

業界トップクラスの低金利+来店不要で借りられる便利なカードローン

金利が年率3.5%~9.2%と非常にお得に利用できるカードローンです。来店不要で手続きができるだけでなく、借入希望枠が50万円以内なら収入証明書の提出不要になるなど、使い勝手の良いカードローンとして人気です。

SMBCモビット

SMBCモビット 評価

電話連絡なし!郵送物なし!誰にも知られずに手続きが完結

WEB完結を利用することで電話連絡なし・郵送物なしで誰にも知られずに手続きを済ませることができます。WEB完結なら勤務先への電話連絡がないので、職場であなたがカードローンの申込みをしたことがバレる心配はありません。








複数のローンを一つにまとめたいと考えているなら、東京スター銀行「おまとめローン」がお薦めです!

<< 詳細はこちら


 

カードローン基礎講座

この記事に関連する記事一覧